仕事は真面目にやるだけ損だと言う人が見落としている3つのこと | 山奥エンジニアの お金と海外とデータ分析
⚠️本ページはプロモーションが含まれています

仕事は真面目にやるだけ損だと言う人が見落としている3つのこと

困ってる人
困ってる人

真面目にやったのに….どうしてこんなに辛い思いをしなきゃいけないの…?

頑張ったのに怒られた。そんな辛い経験をしてこの記事にたどり着いた方、こんにちは。

今回の記事では

  • 仕事を真面目にやるだけ損だと感じる理由
  • 真面目に働いた方が結局得をする理由
  • 損をしないために気を付けるべき事

についてまとめて行こうと思います。

かどいちと言います。ドイツでシニアマネージャーとして働いています。

ドイツで働いて思うのですが、日本人って本当に真面目なんです。

だから

真面目にやったのに、全然報われない

そういう辛い経験をしている人も少なくないと思います。

かどいち
かどいち

そんな時、ドイツ人だったら辞めちゃいますからね

僕自身、仕事なんて真面目にやるだけバカバカしい…と感じた事もありました。

しかし、世界中の様々な働き方に触れる中で

  • 真面目に働いた方が、長期的には得
  • ただし、「考えながら」真面目に働かなきゃダメ

だという事に気づきました。

今回の記事では、その理由について書いていこうと思います。

この記事を読んでいる人は、今の状況がバカバカしいと感じながらも

本当は真面目に働きたい

そう思っているのではないでしょうか?

大丈夫。記事を読み終わるころには、もう一度頑張りたいと思えるようになるはずです。

その上で、

真面目に働いて損をしない方法

をお伝えしていこうと思います。

それでは早速見ていきましょう!

真面目にやるだけ損だと感じる理由    

批判的な人
批判的な人

仕事なんて真面目にやるだけ損だよ

そんな風に考える人は少なくありません。

では、真面目にやるだけ損と感じる瞬間はどのような時でしょうか?

僕自身も経験がある、ウンザリした経験について、例を挙げていこうと思います。

かどいち
かどいち

実際、真面目にやって損する場面って多いんですよね…

真面目にやっても給料は一緒

最近は変わってきているとはいえ、それでも日本企業は年功序列色が強いもの。

同じ会社で給料を決めるのは「年齢」であるのが一般的です。

従って、真面目に仕事をしたとしても給料は変わりません。

工夫して頑張って、それに対するダメ出しを食らって…

そのように真剣に仕事に取り組んだとしても、結局は同じ給料。

かどいち
かどいち

真面目にやるだけバカバカしいと考えるのも無理はありません。

仕事をするだけ仕事が増える  

仕事の報酬は仕事

そういう言葉があります。

実際、仕事を受けて結果を出せば、その後さらに難しい仕事を頼まれるもの。

身をもって経験している人も多いのではないでしょうか?

かどいち
かどいち

できました!

上司
上司

ありがとう!バッチリだね。じゃあこれもよろしく!

かどいち
かどいち

えぇ…また仕事増えたよ…

忙しいなか頑張って仕事をこなすと、さらにたくさんの仕事が振ってくる

プライベートの時間がどんどん削られる。

ただでさえ給料は変わらないのに、仕事がどんどん増えるのです。

かどいち
かどいち

真面目にやるほどコスパが悪くなる…

そんな風に考えてしまいますよね。

真面目にやっても評価されない    

たとえ給料が変わらなくても、自分の仕事をちゃんと評価してもらえるなら、頑張れるものです。

しかし、評価を決めるのは、仕事の成果ではなく上司の好き嫌いだったりします。

真面目に仕事を頑張っても、評価されない。

それどころか、仕事せずにご機嫌とりする人ほど評価される。

さすがにこれにはウンザリしますよね。

それでも真面目に働いた方が得する3つの理由

真面目に仕事をして損をする場面は様々ですが、それでも僕は

真面目に働いた方が、長期的には得

だと思っています。

その理由は

  • 信頼を得られるから
  • 人材価値を高められるから
  • 真面目にやらないと楽しくないから

この3つです。

それぞれ解説していきます

真面目さは「信頼」をもたらす    

誰からも評価されないように思えても、見ている人は見ているものです。

会社の人
会社の人

あの人、いつも一生懸命やってくれてるよね

そういった日々の積み重ねは、周囲の人からの信頼をもたらします。

ちょっと自分語りをしますと、

僕もドイツに駐在している間、様々な理不尽にウンザリしていました。

それでも真面目に取り組んだ結果、ドイツ人から

ドイツ人
ドイツ人

日本人は何十人も来たが、お前が一番だ

という事を言われ、本当に嬉しかったですし、真面目にやって良かったと思いました。

信頼とは貯金のようなもの。あなたが困ったときには必ず返ってきます。

真面目に働いて信頼を勝ち取ることが、未来の自分を助けるのです

真面目にやらないと人材価値が上がらない 

適当に言われたことだけやって日々を過ごしていると、

人材価値が上がらない

という事が問題になります。

例えば、会社を問わず活かせるスキルである

  • 仕事のし方(対課題)
  • 人との関わり方(対人)

といった、ポータブルスキルは、真剣に仕事に取り組むことによってしか成長しません。

※参考:ポータブルスキル見える化ツール(厚生労働省)

  • 会社が潰れる
  • 今の会社で働けなくなる
  • リストラに合う

このような、いざという時に、自分を守ってくれるのは、自分の人材価値だけです。

ドイツでは、日本よりもリストラが一般的で、僕は何度も”その場”に立ち会ってきました。

そんなとき、切られるのはいつだって「人材価値の低い人」でした。

また、そういう人たちほど

不満を言う人
不満を言う人

俺たちは悪くない。会社が悪い!

といった文句をぶつけ、自らを省みることをしませんでした。

会社や周囲の人のためではなく、自分のために、真面目に仕事をすることは決して損ではありません。

真面目にやらないと楽しくない 

逆に、真面目にやらないと損をする、という事があります。

何かというと…

かどいち
かどいち

真面目にやらないと楽しくないのです。

今までで一番楽しかった時の事を思い出してみてください。

高校の体育祭や文化祭、もしくは部活でも友達とゲームをした時でも構いません。

本当に楽しい時は、いつだって真剣に取り組んでいませんでしたか?

仕事も同じです。

真剣にやって初めて、楽しさを見つけることができるのです。

真面目にやって損をしないために注意するべきこと    

真面目にやった方が長期的に得。

この記事では、一貫してこのことをお伝えしています。

ただし、思考停止で真面目にやればいいか?というと、それは違います。

真面目にやって得をするためには、条件があるのです。

具体的には

  • 価値のある仕事をすること
  • テイカーに搾取されないこと

ということです。

順に説明していきます。

価値のある仕事をする

真面目に取り組んで、結果的に信頼を得られれば、それが価値になります。

また、真面目に取り組むことで誰かが喜べば、それも間違いなく価値でしょう。

ただ、ここで気を付けなければいけないことがあります。

”真面目”そのものが価値ではない

ということです。

いくら真面目に取り組んでも、

  • 価値が生まれないこと
  • 求められていないこと

こういった事に時間を費やしてはいけません。

あなたが周囲の人に価値を提供するからこそ、それが返ってくる。

長期的に得をするためには、そのことを忘れてはいけません。

価値を生むために必要なスキル

仕事で価値を生み出すために必要なもの。

それは、様々な状況において

  • 求められていることを理解する
  • 価値につながる仕事を見極める

といったスキルです。

これらは、マーケティングやクリティカルシンキングなどを学ぶことで身につきます。

真面目に仕事をすることも重要ですが、ぜひ

学びながら働く

ことを意識してみてください。

マーケティングやクリティカルシンキングが学べる本のリンクを貼っておきます。

参考になれば嬉しいです。

かどいち
かどいち

マーケティングがストーリー形式で学べます。

小説として普通に面白い!


かどいち
かどいち

「効率的な考え方」が体系的に分かる本。

筆者の経歴がエグすぎる…!


かどいち
かどいち

「あの人に話が通じない」理由が、はっきりとわかります!


ちなみに、上記の本はAudibleで読み放題です。

Audibleは、本を読み上げてくれるサービス。

両手が塞がっていても読書ができるので、

車の運転中や散歩をしながらでも読書ができるんです。

今まで無駄にしていた時間を使って読書ができる、コスパ最高のツール。

登録後1か月は無料で使えますし、12万冊以上の本が読み放題なので、ぜひ一度試してみください!

\ 1か月無料で聞き放題 /

今すぐAudibleを無料で試してみる ➧➧

テイカーに近づかない    

真面目にやって損をしないためには、

テイカー|Taker, Takeする人

に注意が必要です。

テイカーというのは、一方的に利益を搾取し、お礼や見返りを返さない人の事。

この手の人にいくら価値を提供しても、

要求がどんどん大きくなり、何も返ってきません

状況によっては、本当に真面目にやるだけ損な場合もあるのです。

だから、テイカーに対して何かをするのは止め、できるだけ距離を取るようにしましょう。

極端な話、上司や周囲の人がテイカーばかり…という職場では、いくら真面目に頑張ったとしても、永久に報われることはありません。

自分の置かれた状況を冷静に考え、場合によっては転職を検討した方がいい時もあります。

シニアマネージャーが教える!あなたに最適な転職エージェントの選び方と上手な使い方の全知識


ギバー(Giver)|マッチャー(Matcher)|テイカー(Taker)

3種類のタイプについて、詳しく書いてある本がこちら。参考にしてみてください。


ちなみに、こちらもAudible読み放題対象なので、無料お試しに登録すればタダで読めます。

損得考えずにできる「やりたいこと」を探す    

真面目にやるだけ損…と思わない一番の方法は

損得考えずにできるほど好きなことに取り組む

事じゃないかと思います。

本当にやりたいのであれば、それに取り組むこと自体に価値を見出す事ができます。

つまり、

やるだけで得

となるわけです。

でも、やりたいことが明確という人は、実は少数派。

それを見つけるためには、自分の価値観や判断基準と言った”軸”を定める必要があります。

しっかりと自己理解をしながら、本当にやりたいことを探していきたいですね。

やりたいことが見つからない…という人は、こちらの本がオススメ


ちな、これもAudible(略)

かどいち
かどいち

いや、しつこいわ!どんだけ推すんや!

そう思われた方、申し訳ない。でもAudible読み放題、マジで良書が山ほどあるんです。

読み放題対象を選んで紹介してるわけではありません。

いい本 → 対象か確認 → 読み放題やん!

この流れで推しているんです。

僕の人生を劇的に変えてくれたAudibleを、一人でも多くの人に知ってもらいたい…

そんな気持ちで推してます。初月は無料で聴き放題。ぜひ試してみてください。

\ 1か月無料で聞き放題 /

今すぐAudibleを無料で試してみる ➧➧

まとめ|自分のために真面目に働こう   

今回の記事では、仕事を真面目にやることは、果たして本当に損なのか?ということをテーマに書いてきました。

確かに、真面目にやるだけ損だと思うような、辛い時もあります。

でも、真面目に取り組んだことは、いつかあなたに返ってくるハズです。

搾取されないように戦略的に考えながら、辛い状況に負けずに頑張ってください!

今回の記事は以上です。

少しでも考えることがあれば、記事にコメントいただけると嬉しいです!

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

error: Content is protected !!