無能なの?40代・50代の平社員が今すぐはじめるべき事【今からでも遅くない】 | 山奥エンジニアの お金と海外とデータ分析
⚠️本ページはプロモーションが含まれています

無能なの?40代・50代の平社員が今すぐはじめるべき事【今からでも遅くない】

困ってる人
困ってる人

もう50代。なのにまだ平社員なんだけど…どうしよう。

そんな悩みを抱えてこの記事にたどり着いた方、こんにちは。

今回の記事では

  • 40代・50代の平社員は無能なのか?
  • このまま平社員だと何が起こるのか?
  • これから何をしていけばいいのか?

と言ったことについて解説していきます。

かどいちと言います。ドイツでシニアマネージャーとして働いています。

長いこと同じ会社で働いているのに、未だに平社員。

同期の社員が昇進しいていく中、自分は無能なのか?と心配になりますよね。

そこで、今回の記事では、40代・50代の悩める平社員へ向けて、

これからどう考え、何をしていけばいいのか?

についてお伝えしようと思います。

結論、今からでも遅くありません。

副業をはじめましょう。

なぜこのような結論になるのか?記事の中で詳しく解説していきます。

記事を読み終わるころには、これからの人生に希望が見えてくるはずです!

それでは早速見ていきましょう。

40代・50代で平社員…これって無能なの?

この記事にたどり着いた人が悩んでいる一番の事は

未だに平社員な自分は無能なのか?

ということでは無いでしょうか?

初めに、40代・50代でも平社員という人が、本当に無能なのか?について考えて行こうと思います。

そもそも無能とはどういうことか?

一口に無能と言っても、かなり抽象的ですよね。

そこで、あなたが無能かどうか?を論じるため、まずは

「無能」とは何か?

について、ハッキリさせていきたいと思います。

無能とは、字に書く通り「能力がない事」を言います。

では、能力とは何でしょうか?

突き詰めると能力とは、

目的を達成する力

じゃないかと思います。

例えば大学受験における目的は、問題に回答すること。

それが出来れば有能だし、出来なければ無能という事ですね。

一方で、一流のスポーツ選手が難関大学の問題に答えられるか?というと、Noでしょう。

つまり、一流のスポーツ選手は

  • スポーツをする上では有能
  • 大学受験では無能

となる訳です。

有能|無能は「何に対して」で変わる

ここから言えるのは、有能|無能を議論するためには、

〇〇をする上で

という前提が必須という事です。

ただ一口に無能といっても、意味を無しません。

「何に対して」という前提があって、初めて意味がある

という事を忘れないようにしましょう。

例えば仕事について考えた場合でも、

  • 営業として注文を取れる人
  • エンジニアとして有能な人

この両者では「有能」であるフィールドが違いますし、

ある分野で有能な人も、それ以外では無能かもしれません。

このように、より具体化して考えると、

全てにおいて有能|無能なんて人はいない

のではないかと思います。

40代・50代で平社員なのは無能なの?

ここまでの前提をふまえた上で、

40代・50代で平社員なのは無能か?

という問に対する答えは、残念ながら

  • 今の会社の中で
  • 昇進のために評価される

という事に対しては、無能だと言わざるを得ません。

ただ、これはあくまで”会社員としては”という前提です。

誰しも必ず、何かしらの有能な分野を持っているはずです。

自己理解を進め、自分の強みを活かせるような活動をしていくことで、

あなたが有能になれる分野

を見つけていきましょう。

40代・50代で平社員だとどういうことが起こるのか?

では、40代・50代で平社員だと、どのようなリスクがあるのでしょうか?

かどいち
かどいち

僕がドイツで働いた経験を絡めながら、解説していきます。

この記事を読んでいるという事は、既に不安な気持ちや危機感はお持ちだと思います。

それを煽るようで申し訳ないのですが、前に進むためには現在地を理解しなければいけません。

何ができるのか?を考えるため、現状をしっかりと受け止めましょう。

転職しにくくなる

基本的に、歳をとるほど転職は難しくなります。

下記のグラフは、転職前後の年収の変化を、年代別に見たものです。

年代が進むにつれ、

年収が増えた人の割合は減り、減った人の割合が増えている

ということが分かります。

(出典:厚生労働省

この中には、役職を持った人へのいわゆる”エグゼクティブ求人”も含まれます。

従って、40代・50代の平社員にとっては、さらに厳しい状況であると言えるでしょう。

当然、年齢を重ねるごとに求人数も減少しますし、書類の通過率も下がります。

その分応募の数も増やさなければいけないので、

難易度が上がるだけでなく、転職にかかる手間も増える

のです。

真っ先に切られる

ドイツでは、日本よりもリストラが一般的です。

僕は何度も”その場”に立ち会ってきましたが、そんな時切られるのは

  • 高齢の人
  • 特殊な技能がない人
  • リーダーとして働けない人

といった人達です。

労働者を手厚く保護するドイツでは、上記の人達を一定数会社に残さなければいけません。

しかし、日本ではどうでしょう?

40代・50代の平社員…というのは、真っ先にリストラ候補に上がるのではないかと思います。

やりがいが無い

一番の問題は、働いていてやりがいが無いという事ではないでしょうか?

元々、出世にこだわるタイプでは無いし、偉くなっても大変だとは思っては来た。

でも、気づいてみれば、プロジェクトを自分で動かす事もできないし、自由に使えるお金も人もいない。

何となく過ぎる日々に身をゆだねるしかない。

あなたの人生、本当にそれで良いのでしょうか?

良くないから、この記事を読んでいるんですよね。

そんな人は、ぜひ記事を読み進めてみてください。

かどいち
かどいち

大丈夫、今から行動すれば、決して遅くありません。

40代・50代の平社員が今すぐ始めるべき事

では、今の状況を抜け出すためには何をすればいいのか?解説していこうと思います。

先に結論を書くと、大きなリスクを取りたくないなら

副業一択

です。

詳しく解説していきます。

選択肢は多くない

これから何かをはじめようと思ったとして、残念ながら選択肢は多くありません。

  • スキルアップして昇進を目指す
  • 転職で一発逆転する

これらの可能性もあるとは思いますが、決して高くはないでしょう。

そもそも、今の会社で昇進を目指すことに向いていないから平社員なんです。

転職しようと思っても、40代を超えてから一発逆転…というのは現実的ではありません。

リスクなく始められるのは「副業」

でも、選択肢が多く無いという事は、やるべき事が決まっているということでもあります。

では、何をやるべきなのか?

  • 大きなリスクを取らず
  • 収入と人材価値を高めて
  • やりがいも手に入れる

そのためにダントツでおすすめなのが

副業

です。

冒頭でも書きましたが、有能|無能は「何に取り組むか?」で決まります。

会社の中では無能だったとしても、今の能力を活かせるフィールドが、どこかにあるはずです。

何より副業は

結果を出すのに過去の経歴必要ありません。

自分が有能となれる領域を見つけ、それを副業に活かせば、一発逆転だって十分にあり得ます。

でも、うちの会社は副業禁止…

困ってる人
困ってる人

いやでもうちの会社副業禁止だし…

と思う人もいるかもしれません。

でも、大丈夫です。副業は上手にやればバレません。

というか、副業でこのブログを書いている僕の会社も副業禁止です。

  • ちゃんと確定申告する
  • 住民税を自分で払う

ということに注意すれば、自分で言わない限り、まず会社にはバレないでしょう。

それに、初めてすぐに稼げるようになるわけではありません。

稼げてないうちは「趣味」と一緒。

やらない理由を探していても、現状はずっと変わらないままです。

とりあえず行動。始めることが重要です。

会社員へのオススメ副業

ただ、副業なら何でもいいか?というとそんなことはありません。

絶対にやってはいけないのが

土日でアルバイト

です。

確かに収入は増えるかもしれませんが、人材価値もやりがいも増えません。

あと、細かいことは省略しますが「労働所得」は本業の会社にバレる確率が高いです。

なので、副業をはじめるなら「事業所得」を得られることにしましょう

具体的には

  • ブログ
  • Youtube

がおすすめです。

特にブログは、会社員がリスクを取らずに、収入|人材価値|やりがいを増やせる副業。

僕もブログをはじめてから、メキメキと人材価値も収入も上がってますし、なによりやってて楽しいです。

ぜひチャレンジしてみてください!

キャリアコーチングの力を借りる手も

副業にチャレンジすると言っても、

困ってる人
困ってる人

副業なんてどう始めればいいかわからないし、全然自信ないよ…

という人も多いと思います。

そんな人は

キャリアコーチング

を活用してみると良いでしょう。

例えば

・ライフシフトラボ

では、現在のスキルや、それを活かした副業についてのコーチングが受けられます。

経験豊富なコーチが、実際に稼げるようになるまで並走してくれるので、自信がない人でも安心です。

詳しい内容はこちらの記事に書いていますので、参考にしてみてください

あなたが無能な理由|自分の責任ではない

有能・無能は目的によると冒頭で書きました。

しかし、目的に関わらず、どんなフィールドでも活躍する人っていますよね。

そんな人は何が違うのか?

あなたがいまだに平社員なのは、何が原因なのか?

最後に、これらの事についてまとめて行こうと思います。

実力も運のうち|突き詰めると運で決まる

まず、一番にお伝えしたいことがあります。

それが、

無能は自分のせいではない

という事です。

日本では、能力不足は自己責任という考え方が多数派ですよね。

しかし、ヨーロッパでは少し違っていて、

能力不足は運の要素が大きい

という考え方が主流です。

というのも、近年の研究で

  • 学力と有意に相関があるのは親の年収
  • 一流大学の親は一流大学を卒業している
  • 知能の大半は遺伝で決まる

ということが分かっています。

ハーバード大学の教授ですら、実力も運のうちという本を出版しているくらいです。

なので、自分を責める必要はありません。

まずはリラックス。そこから再スタートしても良いと思います。

“能力を獲得する”能力

どんな分野でも活躍できる人は、

能力を獲得する能力

が高いです。

だから、新しいことに取り組みながら必要な能力をどんどん獲得し、幅広い分野で活躍していくのです。

有能|無能を決める分岐点はここにあります。

そして、近年の様々な調査によって、能力を獲得する能力は

遺伝と親の教育

によってほぼ決まるということが分かってきています。

無能は「受け継いだ負債」である

僕もシニアマネージャーとしての責任を果たすため、色々な本を読んだり勉強したりしてきました。

その結果、能力を獲得する能力は、

  • 読解力
  • 自己肯定感

この2つに集約されている、という結論にたどり着きました。

なぜなら

  • 読解力と学力に強い相関があると科学的に証明されている
  • 失敗受け止めて反省し、改善するための基盤が自己肯定感である

からです。

だから、あなたが「今」無能なのは、あなたのせいではありません。

遺伝と親の教育によって引き継いだ「負債」。

そして、人との出会いや環境といった「運」。

これら、自分ではコントロール出来ないものが、原因なのです。

※読解力と学力には非常に強い相関がある。~AI VS 教科書が読めない子どもたち~

※正しいフィードバックが得られて、初めて改善できる。
 暗闇でゴルフをしても、永遠に上達しないのである。~失敗の科学~

それでもできることは「今から行動」

ぶっちゃけると、大企業でそれなりの評価を受けて海外赴任してる僕は、まぁまぁ有能な方です。

でも、若い頃の僕は、それこそ無能の固まりだったという自負があります。

  • 学ばず
  • 失敗から目を背け
  • 物事の意味を理解しない

そんな人間でした。

ただ、これまでの人生で、運よく出会った人達や環境が、僕を今の僕にしてくれました。

かどいち
かどいち

それこそ、運が良かったのです。

だから、同じように、自分は無能だと思い悩んでいる人に対して、変わるきっかけを作りたいと思っています。

これまでの人生は、運が悪かったのかもしれません。

でも、あなたはこの記事に出会った。きっと変われるハズです。

やるべき事が分かれば、あとは行動するだけ。

かどいち
かどいち

人生に手遅れなんてありません。頑張りましょう!

まとめ|今からでも遅くない

今回の記事では、40代・50代の平社員が今すぐやるべき事について解説してきました。

有能|無能は、”何に取り組むか?”によって変わります。

自分の能力を活かせる分野を探していきましょう。

大きなリスクを取らずに、収入|人材価値|やりがいを高めたいなら、副業がダントツでオススメです。

稼げる自信が無い人は、キャリアコーチングを活用するのも一つの手です。

今からでも遅くありません。現状を抜け出すため、行動していきましょう!

このブログでは、今後も”無能から抜け出すための方法”について発信していこうと思っています。

気になる人は、ぜひブックマークしておいてください!

また、こんな記事を書いてほしい!というリクエストがあれば、コメントして貰えると嬉しいです!

今回の記事は以上です。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

error: Content is protected !!