【2022年下期版】日本人が多い国・都市ランキング | 山奥エンジニアの お金と海外とデータ分析
⚠️本ページはプロモーションが含まれています

【2022年下期版】日本人が多い国・都市ランキング

ドイツ駐在員のかどいちです。こんにちは。

海外に住んでいると、日本人と話すことなんてほとんどないんじゃない?と思うかも知れませんが、実はそんなこと無いんです。

海外に住んでる日本人って思いのほか多くて、大きな都市や観光地では日本人がいない方が珍しいくらい。

で、気になったんですよね。日本人に合う確率が高い都市ってどこなんだろう、と。

そこで今回の記事では、国や都市ごとに、住んでいる日本人の数をまとめてみました。

また、人口密度や面積から、日本人に合う確率の高い都市をランキング形式でまとめています。

個人的に意外な都市に沢山日本人が住んでいて面白かったです。

それでは早速見ていきましょう!

海外に住んでいる日本人の数

まずは全体像として、海外に住んでいる日本人の数を見てみましょう。

過去10年間の推移はこんな感じです。

外務省「海外在留邦人数調査統計」をもとに筆者作成

2022年10月時点での海外在住者は

永住者   |557,034 人
長期滞在者 |751,481 人
合計    |1,308,515 人

となっています。

海外在住者の人数は2019年まで増え続けていましたが、コロナウイルスの影響などで近年は減少傾向です。

ただし、減少しているのは海外駐在員を初めとした長期滞在者の数で、永住者は逆に増加しているみたいですね。

日本人が多い国・都市ランキング

では、次に国・都市別に日本人の数を見ていきましょう!

国別に見た場合

外務省「海外在留邦人数調査統計」をもとに筆者作成

第1位はアメリカ、第2は中国で、GDPランキングと同じですね。第3位のオーストラリアや第5位のカナダは、ワーホリや移住先としての人気国。

僕が住んでいるドイツは第8位でした。

日本人が多い国は、だいたいイメージ通りという感じでしたが、4位のタイだけはちょっと意外でしたね。

都市別に見た場合

次に、都市別日本人数ランキングを見ていきましょう。

こんな感じ。

外務省「海外在留邦人数調査統計」をもとに筆者作成

アメリカや中国の都市が上位に名を連ねていますね。

タイのバンコクはなんと2位。これまた意外。存在感があります。

ヨーロッパでは5位にイギリス、20位にパリのみがランクイン。

勢いのある新興国都市もちらほらと名前がありますね。

日本人に”会う確率が高い都市”ランキング

さて、日本人が多い都市は分かりましたが、都市によって人口も面積も違いますよね。もしかして、日本人が多い都市=日本人に会う確率が高い都市ではないのでは…?

そこで、都市別に日本人の

・人口密度(日本人数 ÷ 都市の面積)
・人口比率(日本人数 ÷ 都市の人口)

を算出し、再度ランキングにしてみました。

ちなみに面積・人口はgoogle調べ。どの程度の精度かは分かりませんが、参考にはなると思います。

人口密度で見た場合

では、日本人の人口密度を都市別に見ていきましょう。

計算式は日本人数 ÷ 都市の面積で、単位は【人/km2】となります。

テキトーに街を歩いた時、どのくらいの日本人会うか?みたいなノリです。結果はこんな感じでした。

外務省「海外在留邦人数調査統計」をもとに筆者作成

日本人数のランキングとはかなり違った印象になりますね。中国が一つもランクインしてません。

一位はカナダのバンクーバー市で、1km2あたり245人も住んでいるみたいです!単純計算すると、15分歩いたら24人の日本人に会う、みたいなノリ。

かどいち
かどいち

日本の田舎を歩くよりも遭遇率高くないか…?

ちなみに僕が住んでるデュッセルドルフも16位にランクイン。

1kmあたり約30人なので、15分歩いたら3人の日本人に会う、みたいなノリです。

この数字、実際のイメージと合います。

15分くらい歩いた先の日本食スーパーで、3人くらい日本人が働いてるし。

実際はこんな単純な話ではないと思いますが、なんとなくイメージが掴めるんじゃないかと思います。

人口比率で見た場合

次に、日本人の人口比率を都市別に見ていきましょう。

計算式は日本人数 ÷ 都市の総人口で、単位は【%】となります。

関わる人のうち何%が日本人か?みたいなノリです。結果はこんな感じでした。

外務省「海外在留邦人数調査統計」をもとに筆者作成

1位はハワイのホノルルで、なんと6.81%が日本人。

中学校1クラスを40人とすると、そのうち2~3人は日本人、って感じです。

日本人居住区がある都市なんかだと、人口比率や人口密度がぐっと上がるみたいですね。

人口密度・比率が高いと便利

人口密度や比率を調べながら気付いたんですが、日本人の総人口が少なかったとしても、日本人の人口密度や人口比率が高いと住むのに便利かなと思います。

例えば米国:ノバイは、総人口が約6万人ほどの小さな都市。

聞いたこと無いって人も多いですよね。僕もこの記事を書くまで知りませんでした。

日本人居住者の数は3800人程と絶対数は少ないですが、人口密度10位|人口比率2位となっています。

近隣には日本企業が多く、駐在員のベッドタウンであることが理由だそうです。

調べてみると、日本語が通じる病院やお店があったり、日本食レストランが沢山あるらしく、かなり便利なんだとか。

人口密度・人口比率の切り口で見ると、住むのに便利かどうか?の参考になりますね!

【まとめ】意外と多い海外の日本人

今回の記事では、日本人が沢山住んでいる国・都市のランキングをまとめ、合わせて日本人に遭遇しやすい都市についても考えてみました。

まとめてみると、主要な都市では日本人との遭遇率が思ったよりも高そうで驚きました。

海外への渡航にビビっているって人、都市にもよりますが、意外と日本人いるんで大丈夫ですよ!

【一生独身は嫌だ】海外赴任で婚期を逃さないための婚活戦略を海外駐在員が解説する

今回の記事は以上です。書いてる僕が一番面白かったな。

ではまた。

プロフィール背景画像
プロフィール画像

かどいち@山奥エンジニア

32歳でドイツに海外赴任し、シニアマネージャーとして働きながらブログを書いてます。外国人と働きながら気付いた「自分らしく生きる方法」を発信中。頑張りたければ頑張ればいいし、休みたければ休めばいい。自分の価値観を大切にしたい人全員を応援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

error: Content is protected !!