海外赴任にコンタクトレンズを持って行くべき理由 海外のコンタクト事情を駐在員がまとめる | 山奥エンジニアの お金と海外とデータ分析
⚠️本ページはプロモーションが含まれています

海外赴任にコンタクトレンズを持って行くべき理由 海外のコンタクト事情を駐在員がまとめる

かどいち
かどいち

これから海外赴任!と言う人のコンタクトレンズに対する悩みや不安を、全て解決しようという試みです!

かどいちと言います。ドイツで海外駐在員として働いています。

初めて海外赴任の内示を受けたと言う人にとって、どんな準備をしたらいいか分からない!

と言う人も多いと思います。持って行った方がいいものは色々とありますが、今回の記事では特にコンタクトレンズに焦点を当てて、準備のポイントについてまとめていきます。

・現地で買えるの?どうやって調べたらいい?
・どのくらい持って行った方がいいの?
・たくさんのコンタクトレンズを安く買う方法は?

  • 現地で買えるの?どうやって調べたらいい?
  • どのくらい持って行った方がいいの?
  • たくさんのコンタクトレンズを安く買う方法は?

みたいな悩みに一気に答えて行こうと思います。

それでは早速見ていきましょう!



\ コンタクトが通販で買える /

レンズアップルの公式サイトはこちらから ➧➧


コンタクトはどうする? 結論→持って行くべき

海外赴任にコンタクトは持って行った方がいいのか?その結論は、

持って行った方がいい

これにつきます。

ただし、どのくらい持って行くのか?については、赴任地や個別の状況によって変わってきます。

この項目では、

  • 海外赴任にコンタクトレンズを持って行った方がいい理由
  • 持って行く量の判断の仕方

などについて説明していきます。

現地でも通販で買えるところが多い

海外赴任先でコンタクトレンズが手軽に買えるならば、わざわざ日本から持って行かなくても良いですよね。では、海外でコンタクトレンズを買うにはどのような方法があるのでしょうか?

もちろん日本と同様に、眼科へ行って処方箋を貰うといったやり方もありますが、実はほとんどの国でオンライン通販での購入が可能です。

調べる限り、アメリカやEU諸国の先進国に加え、ブラジルやインド、メキシコなどでも購入出来そうです。

赴任先で通販による入手が可能か、一度調べてみましょう。

え?行ったこともない国でコンタクトが手に入るかなんて、そもそもどうやって調べればいいのか?

安心してください。これから丁寧に説明していきます。

現地で買える? 調べ方|コンタクトレンズ編

オンラインでコンタクトレンズが買えるか?これについて調べる方法は一つ。オンラインを使うのです。

まず、

”Contact lens ○○(国名)”

でインターネット検索してください。すると、上位にスポンサーサイトが出てくると思います。こんな感じ

まずはこの一番上をクリック。すると通販サイトが出てきます。

アメリカではAcuvueなど日本でメジャーなコンタクトも販売されているようですね。

対象の国の通販サイトかをしっかり確認するため、通貨単位は確認しておきましょう。

上記はアメリカのサイトなので、$となっていれば大丈夫です。

サイトの運営元住所も念のため調べて置くと安心です。調べ方として、

  • “Contact us”的なページを探す
  • ページの一番下に住所が書かれている
  • 運営サイトの会社名+国名でgoogle検索する

上記のどれかで住所が対象の国にあれば間違いないと思います。

①“Contact us”的なページ(アメリカのサイト)

②一番最下部に住所が記載(ブラジルのサイト)

③運営会社名で検索(メキシコのサイト)

英語やらスペイン語やらよくわからん!と言う人も、なんとなく空気を読んだら見つけることが出来ると思います。

この「空気を読む」スキルは海外赴任で非常に重要となりますので、この機会にぜひ練習してください。

現地で買える? 調べ方|洗浄液編

海外の洗浄液が心配!と言う人は、海外に洗浄液が売っているか調べることも出来ます、Amazoneを使って。

まずは現地アマゾンを開きましょう。アメリカであれば”Amazone.us”、ドイツであれば”.de”、メキシコなら”.mx”みたいなノリで調べると出てきます。

次に、アマゾン内で”contact lens solution”と検索してください。すると、現地で販売されている洗浄液が出てきます。

↓はアマゾンメキシコ(.mx)のサイトでの検索結果。

英語圏で無くても英語検索で結果が表示されるところが便利ですよね、アマゾン。

普段使っている洗浄液が見つからない場合、少し多めに洗浄液を持って行くと良いでしょう。

売ってはいるが決済方法に困る

さて、ほとんどの国で通販によってコンタクトレンズを入手可能という事が分かりました。では、日本からコンタクトレンズを持って行く必要は無いのでしょうか?

答えはNoです。絶対に持って行ってください。なぜなら海外赴任初期は「オンライン決済する方法」に困るからです。

というのも、海外のローカル通販サイトでは日本のクレジットカードが使えない事が多いです。

クレジットカードの不正利用を疑われるんですよね。すると決済が完了できません。

Paypalみたいなサービスが対応してれば良いですが、クレジットカード or 銀行振り込み意外不可、というサイトも多く、決済に困ることって多いんですよね。

それだけでなく、外国での通販には意外と手間や時間がかかります。

通販サイトの言語が読めなかったり、配送方法の設定とかに戸惑うことが多いからです。

国によっては配送トラブルが起こりやすかったりもします。

海外赴任初期はいろんな手続きや生活基盤固めで忙しいので、余計な手間を省けるならそれに越したことはありません。

2~6ヵ月分くらい持って行くのがオススメ

では、どのくらい持って行くのか?という話ですが

海外駐在の経験者としては2〜6か月分くらいがオススメかなと思います。

長くても半年くらいあれば海外の生活にも慣れて、勝手が分かってくるからというのが理由です。

とはいえ心配!と言う人は、日本で大量にまとめ買いして持って行くのも手です。

その場合は~1年分くらい持って行けばいいんじゃないかと思います。

もしこの記事を読んでいる人の赴任先がドイツであれば、渡航日直後からレンズが購入出来る方法をまとめる予定です。ご期待ください!

海外にコンタクト持って行くときのポイント

海外赴任にコンタクトを持っていた方がいいという事はお伝えしましたが、

ここからは、海外にコンタクトを持って行く際の注意点についてまとめていきます。

持ち込み量には制限がある

コンタクトレンズは船便や航空便での送付に規制がかかる場合があります。

参考:日本通運「日本から海外へ送る荷物について

なので持ち運びの際には注意が必要。

渡航先の国によってルールが違います。運送業者の人が詳しいと思いますので、問い合わせすると良いでしょう。

発送荷物+手荷物で持ち運び可能

例えば航空便・船便で発送する量に制限がある場合、発送仕切れなかった分を渡航の際に持ち運ぶという手があります。

持ち込みの際はコンタクトレンズを箱から出してジップロックなどに包めば、かさ張らずにすみますよ!

船便で送る場合には時間がかかる

コンタクトレンズを船便で送る場合、到着までに1~2ヵ月くらいかかります。

全て船便に入れてしまうと、船便到着までのコンタクトレンズがない!みたいなことになるので気を付けましょう。

一方で、航空便の場合は1~2週間程度で届きます。

洗浄液を持ち運ぶ際の注意点 

洗浄液も多めに持って行けば安心ですが、飛行機内への持ち込みは量に制限があります。

国際線の場合には100ml以下の容器に入れる必要あり。

機内で必要な分以外は預入荷物の中に入れましょう。

準備・買いだめの際のポイント

ここからは、海外赴任の準備に向けてコンタクトを準備する際のポイントについてまとめていきます。

え?普通に眼科に行って処方箋出してもらうだけじゃないの?と言う人、実はもっと手間をかけずに安く買える方法もあるんです!

どのような方法があるのか?見ていきましょう!

一度眼科に行っておくのがベター

普通、コンタクトレンズを買う時は眼科に行って検診を受け、処方箋を出してもらいますよね。

海外では病院に行くのに高い費用がかかったり、日本語が通じなくて上手くコミュニケーションが取れなかったりします。

しばらく検診を受けていないと言う人は、赴任前に一度眼科検診を受けておくのがベター。

その際に海外赴任することを伝えれば、多めにコンタクトレンズを購入することが出来るでしょう。

ただし、病院やお医者さんによってはまとめ買いはダメと言われるかもしれません。そんな時に便利なのが”ネット通販での購入”です。

大量の購入は通販が便利【処方箋いらない】

あまり知られていないのですが、実はコンタクトレンズ、ネット通販でも買う事が出来ます。

え?処方箋いらないの!?

と驚く人も多いかもしれませんね。

実は、コンタクトレンズは「医薬品」ではなく「医療機器に分類されます。

なので、処方箋を提出する法的義務は無いんです。

極端な話、コンタクトレンズの仕様さえ明確であれば、わざわざ病院に行く必要は無いのです。

忙しい海外赴任準備の中、ネットであれば手間をかけずに購入できますし、基本的には通販の方が実店舗よりも安い。

ネット購入のメリットって大きいかなと思います。

オススメなのはレンズアップルという通販サイト。

品ぞろえが豊富だし、送料も無料だし配送も早いです。



\ コンタクトが通販で買える /

レンズアップルの公式サイトはこちらから ➧➧

通販でコンタクトを買う時の注意点

通販でコンタクトレンズを買う時にはいくつか注意点があります。

ざっとこんな感じ

  • 仕様を確認してから購入する
  • ショップやメーカーは信頼できるものを買う
  • 使ったことがあるものを買う

海外赴任前の準備なので、これから新しいレンズを試すって人は少ないと思いますが、

基本的には今使っているものと同じものを購入するのが良いでしょう。

くわしくは別記事にまとめていきます。

危険?ネット通販でコンタクトレンズを買う時に失敗しないための注意点を解説【体験談も】

ハードレンズを使っている人は注意

ハードレンズを使っているという人は注意が必要です。

というのも、海外ではハードレンズは一般的ではありません。

試しにドイツ人に聞いてみたところ、そもそもハードレンズの事を知りませんでした。なので、ハードレンズは海外でなかなか手に入りません。

一時帰国時に日本で購入することを前提として準備するのも一つの手です。

もしくはこれを機にソフトレンズに切り替えるのも良いでしょう。

番外編 メガネもスペアが合った方がいい【通販で買える】

海外赴任に行くときは、メガネのスペアも持っておいた方が良いでしょう。

というのも、海外でメガネが壊れてしまった場合、作るのがひたすら面倒。

英語圏ならまだマシですが、例えばドイツの場合。

お医者さんは多分英語を話せるでしょう。でもメガネ屋の店員さんは…?

話せるか分かりませんよね。ドイツ語しか通じないとなると非常に面倒です。

と、いう訳でメガネのスペアも購入をオススメします。

メガネも度数が分かれば通販で買うことが可能。

JINSとかが通販サイトを使うと手間が省けますよ!

まとめ

今回の記事では、海外赴任の際にコンタクトレンズを持って行った方がいいか?という悩みに答えてきました。

まとめると

  • 海外でもコンタクトレンズは購入可能
  • 生活基盤が整うまでの2~6か月分くらい持って行くと良い
  • まとめ買いにはネット通販が便利

あまり知られていない海外のコンタクト事情ですが、日本と同様にネット通販可能です。

過剰に心配する必要はありませんが、慣れるまでの準備はしていくことをオススメします。

ちなみに、その他の荷物についてはこちらの記事にまとめています。

【駐在員が解説】海外赴任の荷物、どう振り分ける? 仕分けのポイントを解説 あって損しない海外赴任の荷物+α【船便の容量余ったら】 駐在員がガチで選んだあって損しない海外赴任の荷物+α【船便の容量余ったら】

海外赴任の準備全体に関してはこちらの記事を見てみてください。

【図解】海外赴任の準備とスケジュール 時期ごとのやることが一目でわかるよ!

今回の記事は以上です。それでは、また。


\ コンタクトが通販で買える /

レンズアップルの公式サイトはこちらから ➧➧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

error: Content is protected !!