【ドイツ駐在員が解説】海外赴任5つのメリットと3つのデメリット | 山奥エンジニアの お金と海外とデータ分析

【ドイツ駐在員が解説】海外赴任5つのメリットと3つのデメリット

海外赴任のメリット・デメリット

すずひこと言います。現在、海外駐在エンジニアとして、ドイツで仕事をしています。

海外で働くことに関して、皆さんはどのような印象をお持ちでしょうか?

憧れる!という人もいれば、ちょっと怖い…という人もいるかもしれませんね。

実は、海外駐在員として働くことにはたくさんのメリットがあります。

一方で、人によっては無視できないデメリットもあり、言われるがままに海外赴任すると後悔する可能性も…

そこでこの記事では、

僕がドイツに海外駐在してみて良かった事・悪かった事をまとめたいと思います。

・給料や待遇面はどうなるの?
・仕事は大変?プライベートで辛いことはない?
・どういったところにストレスを感じるの?逆に楽しいことは?

みたいな疑問に答えながら

海外駐在がおすすめな人・そうでない人

が、はっきりとわかるようにまとめていきたいと思います。

海外赴任が憧れ!海外赴任したい!

という人や

海外赴任の打診を受けているけど、受けようかか迷っている…

という人達の参考になれば嬉しいです。

海外赴任のメリット

海外赴任のメリット

まず、海外赴任にはどのようなメリットがあるかをまとめます。

ざっくりとこのようなメリットがあります

海外赴任のメリット
・給料が増える・待遇が良くなる
・責任のあるポストにつける
・語学力が上がる
・様々な新しい体験ができる

・海外生活・海外旅行を楽しめる

個別に解説していきます!

給料が増える・待遇が良くなる

一つ目のメリットは給料や待遇が日本よりもよくなることです。

給与面ですが、日本に対して下記のようなメリットがあります

給与面のメリット
・海外赴任手当がつく
・所得税・住民税を払わなくてよい
・住宅や車にお金をかけなくてよい
・外貨が手に入る

まず、海外駐在員の給料ですが、日本での給料に加えて海外赴任手当が支給されます。

このあたりは会社によっても違いますが、僕が勤めている会社(東証一部・メーカー)の場合、額面給与は1.5倍、手取りになると1.8倍程度になっていました。

海外駐在の場合は所得税が会社負担となることが多く、住民税も不要となるので、額面給与以上の手取り額となります。これは大きなメリットです。

それだけでなく、家賃は全額支給(1900ユーロまで)、車はカンパニーカー支給など、日本ではお金がかかるポイントを会社が負担してくれます。

経済的なメリットは非常に大きいと感じました。

さらに海外赴任中は、外貨と日本円のダブルインカムとなる場合が多いです。

僕も円とユーロの両方で給料をもらっており、円貨・外貨の両方を手に入れることができるので、円安へのリスクヘッジができます。

将来へ向けた資産形成という観点では、日本にいると絶対に得られないほどのメリットがあるでしょう。

責任あるポストにつける

二つ目のメリットは、日本で働くよりも高位の役職へつけるということです。

現在僕は、ドイツの会社でSenior managerという役職についており、これは日本で言うところの次長クラス(課長と部長の間)の役職になります。

現在僕は33歳ですが、日本の大企業でこの年齢・役職という人はあまり多くないのではないかと思います。

実力主義に変化しつつあるとはいえ、まだまだ日本は年功序列の企業が多いです。そういった中、この年齢で上級マネージャー職の経験ができるというのは、自分のキャリアにとって非常にメリットだと感じています。

語学力が上がる

海外の企業で働く場合、当然日本語は通じません。英語で仕事をすることになります。

したがって、必然的に英語を使う機会が増え、語学力を向上させることができます(もちろん努力は必要です)。

また、英語だけでなく現地語についても学ぶことができるので、第2外国語の習得という観点でもメリットです。

なにより、現地の言葉が現地の人に通じた時の感動は何にもかえがたいものがありますよ!

ちなみに私の赴任前のTOEICスコアは400点ほどでしたが、

海外駐在の環境に加えてオンライン英会話を使った勉強で、なんとか英語で仕事ができるようになりました。

コスパが高くお勧めの勉強法をこちらの記事で紹介しています。

【海外駐在員が勧める】オンライン英会話を使った英語勉強法

様々な新しい体験ができる

海外では、日本では経験できないようなたくさんの体験ができます。

例えば僕が駐在しているドイツは車社会なので、高い確率で車の運転をすることになりますが、運転する車は当然ドイツ車です。日本ではなかなか乗ることができませんよね。

運転する時も右側通行で、普通に車に乗るだけでもスリリングな体験となります。

スーパーやドラッグストアで売っているものも日本と全然違っていて、買い物をするだけでも新鮮ですし、食べたことのない食べ物もたくさんあります。

オクトーバーフェストやクリスマスマーケットなど、日本とは違ったお祭りも楽しいです。

この他にも未知の体験が沢山あり、日本で働いていては絶対にできない経験ができるのは、海外駐在の大きなメリットだと思います。

海外生活・海外旅行を楽しめる

海外駐在の醍醐味ともいえるのが、海外生活や海外旅行ではないでしょうか。

僕が駐在しているドイツには、ドイツ料理だけでなく、フランス・イタリア・スペインなど、ヨーロッパの様々な国のレストランがあります。

休日はそういったところに食事に出かけたり、ドイツの観光地を巡ったりできるのは貴重な体験ですし、海外駐在の大きなメリットだと思います。

また、近隣の国に海外旅行が出来るのもメリットです。

ヨーロッパは陸続きで様々な国に気軽に旅行することができますし、

東南アジアやアメリカなどに駐在する場合でも、国内や近隣諸国への旅行を楽しむことができると思います。

子供にとってもいい影響を与える可能性が高いですね。配偶者と子供を帯同していくかどうかは迷うポイントですが、こういったメリットを考えて、我が家は家族帯同することを選択しました。

【駐在員が解説】海外駐在に家族を帯同するメリット・デメリット

海外赴任のデメリット

海外赴任のデメリット

次に、海外赴任のデメリットについてまとめていきます。

ざっくりとこのようなデメリットがあります

海外赴任のデメリット
・思ったように仕事ができない
・異文化や言葉が通じないことへのストレス
・日本での資産運用が出来なくなる

個別に解説していきます!

思ったように仕事ができない

1つ目のデメリットは、仕事が思ったようにできないということです。

はっきり言って、海外では日本と同じようには仕事ができません。

日本のように納期をきっちり守る人はむしろ少数派ですし、仕事が終わっていなくても残業は絶対にしない!という人も多いです。

言葉の問題で上手にコミュニケーションが取れず、何を言っているかわからない・言いたいことが伝わらない、といったトラブルも日常茶飯事です。

責任あるポストを与えられた中で、日本よりも確実に仕事のパフォーマンスは落ちていく、、、

そのような中での焦り・プレッシャーから、海外での仕事はかなりのストレスがかかります。

多様性を尊重しながら、ナショナルスタッフと上手くコミュニケーションをとって仕事を進めていくためには、強い熱意と根気が必要になるでしょう。

しかし、そんな中でこそ想いが通じた時の嬉しさは、日本では味わえないものだと思います。

日常生活の不便さ

2つ目のデメリットは、日常生活への不便さです。

ヨーロッパの国々では、日本ほど便利で快適な日常生活を送ることはできません。

例えばスーパーや飲食店は基本的に日曜日開いていませんし、日本のように24時間開いているコンビニも多くはありません。あっても売っているものは非常に高いです。

電車は平気で遅れますし、お店の店員さんが親切でないのも当たり前です。

そういった不便さにストレスを感じるという人は多いかもしれません。

日本の便利さを改めて思い知るいい機会にはなるかもしれませんが…

言葉が通じないことへのストレス

3つ目のデメリットは言葉の問題です。

英語圏以外の国の日常生活では、基本的に現地語しか通じません。

なので、例えばスーパーの店員さんにも言葉は通じませんし、相手が何を言っているかも全然わかりません。

ましてや何かトラブルがあった時は本当に泣きそうな気持になります。というか泣きます。

最低限の現地語は勉強するにしても、すぐに話せるようになるわけもなく、身振り手振りでなんとか言いたいことを伝える必要がありますが、それが毎回の事となるとかなりのストレスです。

逆に何事にも動じない強靭なメンタルは身につくかもしれません…

(番外編)日本での資産運用ができなくなる

番外編として、日本での資産運用(新規買い付け)ができなくなります。

そのため、例えばつみたてNISA(配当金再投資型)をやっている人は継続ができなくなってしまいます。

僕は海外に赴任する時、これまで積立てた非課税枠の資産を泣く泣く全部売却することになりました。

その分キャッシュは貯まるので、しっかりと資産を形成するための準備をしておきたいですね。

海外赴任を希望するようなキャリア志向の方は、意外と自分の資産に関して興味がないことが多いですが、

様々なリスクに対するリスクヘッジとして、経済的自立を目指すという考え方は知っておいた方が良いかもしれません。

FIRE達成までにいくら必要なの?

海外駐在員として働いた感想【良かった】

海外駐在員として働いた感想【良かった】

ここまで様々なメリット・デメリットを書いてきましたが、

僕が海外駐在員として働いた感想は「海外赴任してよかった」です。

経済的なメリットもさることながら、自分が経験したことがない様々な体験は自分の視野を広げてくれますし、単純に毎日楽しく・充実して過ごすことができています。

その分ストレスもありますが、一度経験したことや予測できるトラブルには対策を打ってリスクヘッジできますし、僕の性格上、いろいろなストレスにも慣れていきました。

海外生活を経験できたことで、自分の人生が間違いなく充実していると感じています。

結論:こんな人には海外赴任してほしい

最後に海外赴任がおすすめな人、そうでない人についてまとめておきたいと思います。

下記のような人にはおすすめです。チャンスがあればぜひ海外駐在を経験してみてください。

海外赴任がおすすめな人
・新しい体験がしたい
・責任の大きな仕事をしたい
・語学力を向上させたい
・しんどい思いをしても早めに資産形成をしたい

反対に、下記のような人はおすすめできません。

海外赴任は断ることもできます。無理をせず、自分らしい生き方ができるような選択をしましょう。

海外赴任をおすすめできない人
・ストレス耐性が低い
・仕事であまり責任を負いたくない
・新しい体験は不要。できるだけ平穏な毎日を過ごしたい

海外赴任は僕にとっては確かに貴重な経験となりましたが、人によっては辛い日々、最悪うつ病に、、、なんてこともあります。

自分のやりたいことや適性、ストレス耐性を考えながら、後悔しない選択をしたいですね!

関連記事

海外赴任のまとめ記事です!内示から渡航までの記事一覧をまとめています。
【海外赴任記まとめ】山奥エンジニア海外赴任記 選ばれてから渡航するまで【海外赴任記まとめ】山奥エンジニア海外赴任記 選ばれてから渡航するまで

海外赴任に選ばれる人の特徴をまとめました
【海外駐在経験者が分析】海外赴任に選ばれる人の7つの特徴【海外駐在経験者が分析】海外赴任に選ばれる人の7つの特徴

海外赴任を目指す人に読んで欲しい本をまとめました。マネジメントスキルや異文化理解などが身につく本をまとめています。
【駐在員が推す】海外赴任に行く人にオススメの本【駐在員が推す】海外赴任に行く人にオススメの本

そもそも選ばれる人ってどんな人?考えてみました。
海外赴任するには? 大きく分けて3つの方法があります【経験談】仕事で選ばれる人になるために心がけること3選

海外赴任する前の準備とやることリストをまとめています。
【海外赴任スケジュール】準備とやることリスト 失敗談と注意点も解説!

海外赴任の準備に便利なサービスを紹介しています。
外貨両替ドルユーロを使ってみた 海外赴任の準備に便利なサービス

海外赴任に帯同するメリット・デメリットをまとめました。
【駐在員が解説】海外駐在に家族を帯同するメリット・デメリット

海外放浪記をまとめています。
インド編
ガンジスでの沐浴の光景ヒンドゥー教の聖地バラナシ【インド放浪記1】 イスラエル編
【記事一覧まとめ】バックパッカー放浪記 イスラエル・パレスチナ編

サラリーマンだけど株式投資始めてみました。
素人だった僕が株式投資を始めるために身につけた最低限の知識

FIRE達成の手段検討として、いくらの元本が必要かシミュレーションしてみました。
FIRE達成までにいくら必要なの?

ツイッターやってます。

ご質問あれば、お気軽にDMください!

きはち@山奥エンジニア

Instagram:kihachi_yamaoku

すずぴこ@山奥エンジニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!